Tea : お茶のお話

unnamed

“Tea tempers the spirits and harmonizes the mind, dispels lassitude and relieves fatigue, awakens thought and prevents drowsiness, lightens or refreshes the body, and clears the perceptive faculties.

お茶は精神を落ち着かせ 心に調和をもたらし、だるい気分を払拭し 疲労を和らげ 弱気な気分や眠気を抑えリフレッシュして体を軽くし 頭をスッキリさせる。

と、中国の“陸羽”によって纏められたお茶に関する最古の典籍”茶経“に書かれています。

日本も英国も、最近はコーヒーを飲む事を習慣する人達が増えてきたので
最近では「お茶を・・」ではなく「コーヒーでも・・・」という事も多いのではないかと思いますが、朝の目覚めに、昼間の息抜きに、午後の休憩に、夕食後の語らいに、外出から家に帰ってきた時に、日本でも英国でも“お茶”を飲む習慣があります。
お茶には緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶と主に6大分類されますが、この“お茶“は色の種類に関係なく 全て同じチャノキ(茶の木、茶樹 学名:カメリア シネンシスCamellia sinensis)という同じ茶の葉から出来ていることをご存知でしょうか? 発酵の違いでそれぞれの分類に分かれるそうです。

unnamed
*ちなみにハーブティーや植物茶類(どくだみ茶、杜仲茶、麦茶、ヨモギ茶など)はこれには含みません。
日本では一般的にお茶=緑茶となりますが、英国では基本的にお茶=紅茶になります。伝統的な飲み方はミルク(牛乳)を入れるのが基本です。ただし、一般的にfull/medium bodied の紅茶のみにミルクを入れます。(ダージリンティーなどはミルクを加えない方が良いとされている代表的なお茶です。)
どの国にも言えることですがGlobal化した現代では好みもニーズも多様化しているので、Black (何も入れないこと) でも with Lemonでも最近は珍しいことではありません。 お客様として紅茶を戴くときも、お客様にお茶をおだしするときも、’strong’, ‘weak’ or ‘plain’ 等の好みを聞き、答える必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *