Afternoon Tea :アフタヌーンティー

 

E173FC25-84BB-4272-8E05-2964C5472774

先日KRではアフタヌーンティー マナーのワークショップを行いました。

用意したmenuは: 白パンとライ麦パンのサンドウィッチ、スコーン(ストロベリーとカラントのジャムとクロテッドクリーム)、キャラメルとスグリのムースケーキ です。

アフタヌーンティーの習慣は、英国で1840年頃に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリア(Anna Russell, Duchess of Bedford)によって女性達の社交の場としてとして始められたと言われているそうです。上流階級の習慣でした。その時代は1日の食事の回数は2回で、観劇やオペラ鑑賞や夜の社交の後の21時以降が夕食の時間となる為、お腹を満たすという理由もあったようです。

お茶会の形式には、

アフタヌーンティー、クリームティー、ロイヤルティー、ハイティーがあります。

それぞれ内容、発祥の場所・時代も違い、アフタヌーンティーはお茶の他にサンドウィッチ、スコーン、ケーキ類の3コースからなるものをアフタヌーンティーと呼びます。食べる順番は、サンドウィッチ→スコーン→ケーキ類 です。

クリームティーは英国南西部のコーンウオール、デヴォンが発祥。お茶の他にスコーン+ジャム+クロテッドクリーム

ロイヤルティーはお茶とサンドウィッチ、スコーン、菓子、デザート、シャンパンもしくはシェリー酒

ハイティーの始まりは産業革命時代。お茶の他にはお肉料理、パン・チーズ、ジャム・バター、甘酢漬け野菜(果物)、デザート

ちなみにスコーンはスコットランドが起源と言われており、パンの分類に入ります。ナイフで切るのではなく、手で割ってクロテッドクリーム+ジャムをつけて食べるのがマナーです。

お茶は小指を立てて飲んだり、スプーンでぐるぐるかき混ぜてたりすることは無作法になります。また、お砂糖はミルクもしくはレモンの前に入れるのが基本(化学反応をおこして味が変わってしまったりしないように・・・ということやポットのお茶の濃さがカップに入れるまで分からない・・・というのが理由です。)ですが、個人の好みで変えても、大丈夫です。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1167825596608728&id=538364246221536

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *